Basic認証を付けてサイトを公開する手順

Basic認証をつけてWordpressのサイトを公開したので、手順を記載します。
Basic認証をつけるのは、サイトの作業が終わってからがおすすめです。

1.サブドメインを設定する

レンタルサーバーでサブドメインを設定します。
今回は https://mb2020.neneta.net/ にしました。

2.Wordpressをインストールする

レンタルサーバーはロリポップを使っていますが、ログインして「サイト作成ツール」→「Wordpress簡単インストール」を選び、設定を入力するだけなので簡単です。

3.Wordpressの設定をする

プラグインのインストールと設定、テーマのインストールと設定、固定ページの設定、投稿を作り、サイトを完成します。
Local by FlyWheel」でローカル環境で作っていたのですが、レンタルサーバーと同じ環境で作って置くと楽なのでおすすめです。私はロリポップと全然違う環境だったので、多少時間がかかりました。

4.Basic認証をつける

以下のサイトを参考に、Basic認証をつけます。

①認証をかけたいフォルダのパスを調べる

認証をかけたいフォルダのパスを調べます。
今回は以下の内容を書いたpass.phpというファイルを作り、アップロードしました。

<?php
echo __FILE__;
?>

このファイルをブラウザからアクセスすると、パスが表示されます。後で利用するので、画面は開いたままにしておきます。

.htaccessファイルを作成する

以下の内容を入力して、.htaccessファイルを作成します。

AuthType Basic
AuthName "Input your ID and Password."
AuthUserFile 先程確認したパス/.htpasswd
require valid-user

③.htpasswdファイルを作成する

以下の例のように、「ユーザー名:暗号化したパスワード」という形式で.htpasswdファイルを作成します。

test:pRRF5PT8/0Diw

④サーバーにアップロード

上記で作成した.htaccessファイルと.htpasswdファイルを、Basic認証をかけたいフォルダにアップロードすれば完成です。
pass.phpは不要なので削除します。

今回はユーザー名:テスト、パスワード:mb2020で作成したので、ユーザー名とパスワードを入力すると、サイトが表示されます。